特定非営利活動法人日本バドミントン指導者連盟役員選任規程

第1条 特定非営利活動法人日本バドミントン指導者連盟定款第13条に基づき、役員の選任方法に関する規程を設ける。

第2条 理事は、正会員の直接選挙によって選出され、総会の承認をもって、確定する。

第3条 理事選挙の管理事務は、選挙管理委員会がこれに当たる。
  2 会長は、理事会の意見を聴いて、選挙管理委員若干名を選考する。
  3 理事会は、理事選挙の投票日を決定する。
  4 選挙管理委員会は、正会員に対して、選挙投票日の3ヶ月前までに理事選挙を公示し、選挙の日程を通知し、理事選挙の被選挙人推薦用紙を配布する。
  5 選挙管理委員会は、被選挙人名簿を選挙投票日の1ヶ月前までに正会員に通知する。
  6 選挙管理委員会は、理事選挙の結果を総会にて報告する。

第4条 理事会は、新年度の理事の定数を決定し、理事定数の3分の1程度の理事を改選される理事の数として定める。改選の対象となる理事は、理事会で互選により決定する。
  2 理事選挙は、所定の投票用紙を用いた郵送による連記無記名投票とする。

第5条 理事選挙の被選挙人には、正会員1名より推薦を受け、被選挙人となることに自らも同意した者がなることができる。
  2 正会員は、選挙投票日の2ヶ月前までに所定の推薦用紙を用いて選挙管理委員会に理事選挙の被選挙人を推薦することができる。推薦用紙には、推薦人と被選挙人の署名及び押印がなければならない。
  3 正会員1名につき被選挙人1名を推薦することができる。
  4 改選の対象となる理事も被選挙人となることができる。

第6条 理事選挙の当選者の決定は、次のように行う。
  (1)有効投票の多数を得た者から順次定数に充つるまで当選者とする。
  (2)投票数が同じである場合には、選挙管理委員会が抽選によってその順位を決定する。

第7条 会長は、新たに選出された理事を含めて総会の前に理事会を招集する。
  2 理事選挙後に招集された理事会において、理事は互選で会長、副会長及び理事長を定める。
  3 会長は、理事会の意見を聴いて、監事を総会に推薦する。

第8条 会長は、総会において理事及び監事の選任について承認を得るものとする。

附則 この規程は、平成18年5月6日より施行する。